本文へ移動

AED(除細動器)の設置ご手配

私たちで救える命があります!

心臓の突然停止(心室細動)にはAED救命

AED救命の手順
心室細動の救命は一刻を争います。救急車が到着するまでにあなたが出来ること救命法があります。マンションでの設置が急増しています。

自動体外式除際動器 AEDとは

AEDとは?

AED(自動体外式除細動器)とは?

自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)とは、心臓が痙攣し血液を送り出すポンプ機能を失った状態(心室細動)の傷病者に対して、心電図の測定・解析を行ない、必要に応じて電気ショックを与え、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。
AEDは自動的に心電図を診断し、電気ショックを与える必要があるかどうか判断するので、医学的な知識が少ない一般市民でも音声ガイダンスに沿った簡単な操作で救命処置が可能です。
 

■なぜAEDが必要なのか?

心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割を果たしているため、心臓が停止したら血液が送り出されなくなります。心臓が停止すると時間の経過とともに、1分間遅れるごとに7~10%ずつ救命率が低下すると言われています。
従って、いかに早く処置を開始するかが救命の鍵となります。突然の心停止の原因のひとつが心室細動です。この心室細動を治療する有力な方法は、電気ショックにより除細動をすることであると言われています。そのため、除細動が必要な心電図波形かどうかを判定し、電気ショックをするAEDが必要なのです。  
   

■救命の連鎖

 突然の心停止から救命し社会復帰に導くためには、4つの要素の【救命の連鎖】が不可欠です。

  1. 心停止の予防は、心停止や呼吸停止となる可能性を初期症状で気づくことにより、未然に防ぐことです。                                           

  2. 早期認識と通報は、突然倒れた人や反応のない人の心停止の可能性を認識したら、大声で応援を呼び、救急通報を行って、AEDと救急隊を依頼することです。

  3. 一次救命処置は、呼吸と循環をサートする一連の処置で、胸骨圧迫と人工呼吸によるCPR(心肺蘇生)とAEDの使用を含みます。誰でもすぐ行える処置であり、傷病者の社会復帰に大きな役割を果たします。                                                                               

  4. 二次救命処置は、一次救命処置のみでは心拍が再開しない傷病者に対して行う薬剤や医療機器を用いた集中治療のことで、社会復帰の可能性を高めることが出来ます。

ご提供できるAED製品

AEDラインアップ

AEDラインナップ

 

製品名

AED Plus 

 AED-3100

 AED-2150

寸法

(高さ×幅×奥行き)

13.3 cm × 24.1 cm × 29.2 cm

9.7 cm ×20.6 cm ×25.2 cm

10.0 cm ×26.5 cm ×32.0 cm  

重量

 3.1kg

2.3kg 

2.8kg 

バッテリ交換
期限

 5年
(装着から約3年で付属の
バッテリに交換が必要)

4年

2年・4年
(選択可)
 
電極パッド
有効期限


用 

 5年

 約2年



 約2年
(別売)

 小児用電極パッド不要(AED本体にモード切換スイッチ搭載)
保障期間(本体)  

 5年

製造販売業者

旭化成ゾールメディカル株式会社

 日本光電工業株式会社

お問い合わせ

AEDの資料ご請求・お見積りのご依頼

お名前 ※必須
例)山田 太郎
フリガナ ※必須
例)ヤマダ タロウ
郵便番号 ※必須
例)012-3456
都道府県
市区町村
番地・屋号等
電話番号
例)012-345-6789
FAX番号
例)012-345-6789
メールアドレス


ご希望の返信先
お問い合わせ項目 ※必須
内容 ※必須
画像認証 
1
1
3
7
3
6
TOPへ戻る